_

スキンケアと言えば、来る年のための基礎を築くために早い段階からスタートすることが大事。


すでに若い頃からスキンケアを始めれば、まだ若い年頃に出てくるシワの心配をする必要が低くなることを理解していました。予防は治療よりも優れていることは確かですね。若くして肌の手入れをすることはきっと、私が成長する上で長く良い影響を与えてくれて助けてくれるでしょう。

ただ、残念ながら予防プロセスの重要性と健康的な肌を維持する大切さを理解してない人はたくさんいるんじゃないかなと思います。スキンケアの専門家に相談すると、大人や高齢者の肌を健康に保つためのルーチンを開始することが早すぎることはないと言われます。 ただし、ここでクリアにしたいことは、若い女の子に重い製品や極端な臨床治療を使用することが必要だと言ってません。適切なセルフケアルーチンに慣れる方法は他にもたくさんあります。


スキンケアの専門家に相談すると、大人や高齢者の肌を健康に保つためのルーチンを開始することが早すぎることはないと言われます。 ただし、ここでクリアにしたいことは、若い女の子に重い製品や極端な臨床治療を使用することが必要だと言ってません。適切なセルフケアルーチンに慣れる方法は他にもたくさんあります。


先に進む前にスキンケアルーチンが私にとってどのように始まったのか、
少しお話ししたいと思います。


私が22歳の頃、フランスの大手会社の化粧品ブランドのスポークスパーソンに招待されモナコまで行くことになり、彼らのすべての製品が製造されている研究所と工場を訪問してきました。訪問中に彼らが行ってるすべての皮膚テストをしなければならなくて、そこで私を核心に傷つけたあるものを見ました…


ブラジルのハーフの女の子として私は海へ行って美しい日焼けした肌を手に入れるのが大好きで育ちました。その時期は22歳の女の子として私は、シワやシミについて考えたことはなかったですね。見た目はキラキラと輝くような日焼け肌だったけど、彼らの専用のマシンレンズを通して普段では見えないもの、つまり肌の下層を初めて見ました。その日、専門家は私の肌が実際にどのように見えるか、そしてそれが何年も先にどのように見えるかを明らかにしてくれました。

 

 

画面には、特におでこと頬に線やしわ、そして多くの黒い斑点が見られ、
医師たちは感銘を受けました。その時の私の肌の状態は「32歳の女性」だと言われ、それが私にとってターニングポイントでしたね! それをきっかけに美容だけでなく健康的な肌のためにも肌を大切にし、育て守ることを決意しました。


20代を通して欠かさずに実行してきた毎日の美容ルーチンの中でも、肌の水分補給と保護は本当に良い習慣になり、 基本的なお手入れだけど、そこから変更が起こり始め違いを生みだし、今でもその成果が見え感じられます。


1 - 日焼け止め。 毎日、毎シーズン、何があっても肌に日焼け止めを塗ります。美容目的だけでなく、皮膚がんの予防にも必須。また、日当たりにいるときは常にあらゆる種類の帽子をかぶっていて直射日光をできるだけ避けてますね。 


2 - 水をたくさん飲む。内側からの水分補給は第一。


3 - 毎日メイクを落とし、肌をクレンジングする。私が絶対に守ってる一つのルールは、化粧をしたまま決して寝ないこと。


4 - 適切な化粧品を使用する。私たちは異なっていて、
自分の肌に合った製品を見つけることが本当に大事。トレンドなどをフォローするのもいいけど、その中でも自分の肌に合うものを見つければ大丈夫!


5 - -汚れた手で顔をなるべく触れないように。

 

 

今、30代前半の私、肌の状態にも多くの変化がありアンチエイジングに真剣に取り組く時期がきて、小ジワやシワ、ダークスポットなどの早期老化の兆候をターゲットにしたスキンケアの必需品を私の毎日のスキンケアルーチンに取り入れ始める時でもあります。

 

 

ということで、ここで私のお気に入りですごくお勧めのスキンケアトリートメントを紹介したいと思います。 (先に述べたように、私たちの肌は異なっていて、これらのトリートメント治療があなたの肌質に本当に合っているかどうかを専門家の方と相談してからやるようにしてください。)


PS:この記事を最後まで読んで個人的なスキンケアの秘密をシェアしたいと思ったらぜひしてね。 私は常に自分の美容ルーチンを完璧にするための新しい方法を学びたいからね。 

 

私がおすすめする治療法: - PQAGEピーリング - PRPメソセラピー - 美容鍼治療 

 

 

PQAGEピーリング すぐに自然なリフティンググロー効果を備えた完璧なディープピーリング治療です。 顔、首、襟ぐりを若返らせるために特別に作成され、シワから乾燥肌、日光による色素沈着の跡などを最初の治療後から目に見える改善を伴うニキビやニキビ傷跡に適しています。すべての肌質に適していて季節関係なくトリートメントすることがが可能です! 


効果は約1ヶ月持続し、毛穴や小じわのないツヤのある肌には
月1回の定期的なケアをお勧めします。 


PRPメソセラピー顔の皮膚全体にPRPを注入して自然に持ち上げ、くすみや毛穴のたるみを最小限に抑え光沢のある滑らかな陶器の皮膚をもたらすシンプルな治療です。


このトリートメントの助けを借りて、あなた自身のコラーゲンが増加するにつれ、肌は蘇り若々しい印象を与えるためにブラッシュアップされます。3〜4週間くらいで肌がさらにきれいになり、引き締まった感じで若々しく小顔効果にも最適です。


『PRPメソセラピー』毛穴や疲れた肌が気になる方にオススメ! 

 


鍼治療がたくさんの女性のセルフケアルーチンに定期的に存在することは秘密ではないですね。私たちの体とマインドにとってとても良い治療の一つ。私は個人的に皮膚の循環やリンパの排出、コラーゲンの生成を強化するためなど、顔の美容効果のために鍼治療をやり始めました。美容鍼治療は血流を増やす他、新陳代謝を活性化するため、精神的な落ち着きをもたらす力もあります。また、根本から肌トラブルの原因を取り除くことで真の内面の美しさを手に入れることができます。


美容鍼は、加齢やストレスにより血流が悪化し、新陳代謝も低下して肌のハリやツヤが失われることから考えられた治療です。たるみや目の周りのくまなどの心配は体が本来の力を十分に発揮できなくなったときに発生します。けれでも幸いなことに、美容鍼治療はこれらの問題を根本から対処することができとても良い効果あります。


そして、新陳代謝を活性化するために鍼は顔に集中しながらも体のさまざまなツボに配置されます。具体的には、体自身の治療力を利用します。例として、真皮層に2mm挿入された鍼を使用して直接刺激し、数日後にダメージから修復され、ハリと弾力性が増えたしなやかな肌が見えます。さらに、顔の筋肉を刺激することで肌の弾力性を高め、顔のたるみを和らげ全体的なリフティング効果を発揮します。


鍼治療では様々なテクニックがあり、 挿入後すぐに鍼を抜く場合もあれば、ハリッチが使用する技術のようにしばらくそのままにしておいて鍼先からパルス電磁波を当てることもあります。これは、通常の鍼の打ち方よりも大きな効果を約束します。この技術を使用した後によく気付くと言われているのは、より引き締まった顔。美容鍼の治療は、さまざまな成分を生成すことによって新陳代謝を促進する真皮層に直接作用するため、間違えなくアンチエイジング効果になりますね。


 

鍼治療では体全身のツボに針を打っていきますが、
ほとんどの人は痛みを感じないと言われています。ハリッチの技術によると、
秘訣は鍼の太さにあり約0.10mmの細針を使用するといいみたいですね。


美容鍼治療には副作用はあるのか?

実際では、内出血の可能はありますが、なかなか起こ流ことないのでそこまで心配する必要はない。ほとんどの場合は、鍼が挿入された場所に小さな打撲傷が数日残るくらいで、施術者によっては、鍼を使用する際に顔のより目に見える部分を避けるようにします。 それでも不安な方は、施術前に一度施術者に相談するようにおすすめします★




 <<BLOG

続きを読む

_

_

コメント

最初にコメントしてください。