_

マインドと筋肉のつながりについて聞いたことありますか?

私のワークアウトの1つに参加したり、ソーシャルメディアで私をフォローしてるなら、私がよく「マインドと筋肉のつながり」について何度も話しているのを聞いたことあるだろう。マインドと筋肉のつながりとは、呼吸をしたり、収縮している筋肉について考えたりすることなどの体内で何が起こっているかを認識することを意味します。 

 

エクササイズ中にやっている動きについて考えることは、体重を維持したり、脂肪を減らしたり、筋肉量を増やしたりとパフォーマンスを向上させたりするにしても、単に無意識にエクササイズを行うよりは絶対に良い結果が得られます。フィットネスは一生の学習プロセスであると私は信じて、マインドと筋肉のつながりを実践することで誰もが勝ち得ることがあると思いますね。

 

マインドと筋肉のつながりとは一つのスキルです。 個々の筋肉の動きと収縮を意識的に感じること。このスキルを頻繁に練習すればするほどより効率的になり、このようなスキルの利点は控えめに言ってもたくさんあります。 

 

マインドと筋肉のつながりをより強め役立たせる最も重要なことは、完全に「そのゾーン内」に存在することです。


このスキルを拡張するためにここでさらにターゲットを絞ったトレーニングはできる3つの練習ツールを紹介したいと思います。

1 - スタティックエクササイズ 
2 - 隔離
3 - 観察して触れる

 それらを1つずつ見ていきましょう。

 

1 - スタティックエクササイズ


 等尺性運動としても知られいて、筋肉を動員して実際に筋肉を伸ばしたり縮めたりすることなく、言い換えれば、動くことなく筋肉に緊張を発揮する運動。これらのエクササイズは、普段やり慣れているエクササイズとは異なる方法で筋肉を動かします。正しく行うと確実にその筋肉が燃えついてるように感じられます。等尺性運動の最も簡単なエクササイズ例は「プランク−板」です。プランクの位置を保持しているとき、常にコア全体を圧迫してかみ合わせています。そして、その筋肉の収縮はあなたが取り組んでいる主要な筋肉でありため、意識してその筋肉を使用することで「マインドと筋肉のつながり」の練習ができます。 

 

2 - 隔離


私が提案するワークアウトセットのほとんどは、隔離されたエクササイズに基づいています。ワークアウト中に良い形と適切な安定性を保つことは非常に効果的な方法であり、この種のトレーニングの主な焦点は、2つ以上の筋肉を動かす複合運動ではなく、一度に1つの特定の筋肉に取り組むことです。このやり方はあなたがマインドと筋肉のつながりからさらに利益を得るのを助けるもう一つのトレーニングスタイルですね。

 

3 - 観察して触れる


鏡が多くのジムの壁を飾る主な理由とは、私たちがエクササイズ中にターゲットにしたい筋肉を収縮させるように、自分の体の動きをチェックすることで過程に怪我なく出来るために提供されています。自分の体がしていることに集中すればするほどより良い結果が得らるだけでなく、怪我をすることの可能性も少なくなります。ですから、第3として提案したいのは鏡の前で立ち止まり、すべての筋肉を個別に収縮しせながら、観察して触れて欲しいです。


また、時々鏡の前でワークアウトするようにしてみてください。あなたが実際にどのように見えるか、どのように呼吸しているか、そして特定の動きの間にあなたの体がどのようになっているかについてものすごくいい洞察を提供してくれます。 鏡で筋肉がフレックスするのを見ると、筋トレのセットを早く行うことよりも、適切なフォームと筋肉の収縮を維持しようとすることによって自然に集中することができ、それがマインドと筋肉のつながりの練習にもつながります。

 

「マインドと筋肉のつながり」はライフスタイルの一部にするように私は強くおすすめします。
単に立って呼吸しているときに存在する必要があるほか、その時に両足均等に体重のバランスがとれて立っているかどうか、または呼吸中に腹部の筋肉が収縮しているかどうかなど、常に意識してみてください。



 動くたびに体を感じ、常に存在するように意識しよう!

 

 

 

<<BLOG
 

続きを読む

_

_

_

コメント

最初にコメントしてください。