女性なら誰でも経験したことがある生理痛の辛さ!

今回はそれを解消するための6つのヨガのポーズを紹介します。

1ヶ月の間の月経時期には、不快で不便で痛みを伴う影響が伴うことがよくあります。女性の80%以上が人生のある時点で生理関連の痛みに苦しんでいるため、けいれんを総合的に治療する方法を理解することが重要になります。
ヨガやストレッチは、月経に関連するこれらの悪影響を管理するのに役立つツールであることは証明されていて、セルフメディケーションや日常の活動をスキップしたりする代わりに、ヨガやストレッチに頼って痛みや不快を和らげることができます。
呼吸法に加えて、以下のポーズは、痛みや不快感を和らげながら心をきれいにするのに役立ちます。これらのポーズはYinヨガのポーズと見なされ、Yinのように完了すると(つまり、パッシブポーズを3〜5分間保持する)、身体と心の感覚に触れながら深いストレッチを行うことで効果が高まります。定期的なヨガやストレッチの練習は、あなたの身体と心がリラックスしてくつろぐのに役立ちます。
はじめに、月経困難症を和らげ、心を落ち着かせる6つのヨガのポーズをご紹介します。
1- Child’s Pose 「チャイルド・ポーズ」
 
子供のポーズは、ほとんどのアクティブなヨガクラスで頼りになる休息のポーズです。 多くの利点があるので、このポーズは背中に起因する月経痛に苦しんでいる人にとってとても良いオプションです。 腰の筋肉をやさしく伸ばすことで、子供のポーズは背中の痛みを和らげ、心を静めます。
深呼吸に集中を合わせ、体全体に流れる呼吸の増減に気づいてください。 腰をリラックスさせ、胴体を太ももの上部に乗せて、倦怠感を和らげます。
 
ヒント:胴体の下にボルスターまたは枕を置いて、ポーズを長く保つのに役立つ居心地の良い空間を作ることをおすすめします。

 

2- Forward Fold 「フォーワード・フォルド」

 

 
圧迫を打ち消し、前に倒すポーズは背骨を伸ばし、腰を伸ばします。 また、ハムストリングス、ふくらはぎ、背中を伸ばすことで、脚や背中の周りに広がる痛みを和らげるのにも役立ちます。また、月経中はすでに身体は疲れますが、長時間座ったり横になったりした後に立ち上がって(そしてかがむ)ことをするのはとても重要です。身体の血行の循環を動かしてあげることによってあなたはの身体は本当に感謝しますよ!
 
ヒント:ポーズで反対側の肘をつかみ、首の筋肉を解放してさらにリラックスします。

 

3- Knee-to-chest Pose 「膝から胸へのポーズ」

 
月経痛に最も効果的なポーズの1つは、膝から胸へのポーズです。 この心地よい姿勢は、腰と腹筋をリラックスさせ、緊張を和らげ、痛みを軽減します。 また、腹部への循環を高め、内臓を助け、心を和らげることで不安を軽減します。
 
ヒント:ポーズをとっているときは、背中をマッサージするために、左右と前後に揺り動かしてください。

 

4- Supine Twist「臥位のスパイナルツイスト」
 
ツイストは、体を「絞る」ことによって内臓を刺激し、解毒やリフレッシュができると考えられています。 呼吸を調整しながらリクライニング脊椎ツイストを数分間保持すると、月経中の神経とそれに伴う腹痛を和らげるのに役立ちます。
 
ヒント:脚、肩、腰をリラックスさせ、重力がねじれプロセスを引き継ぐようにします。 ひねりを加えてリラックスするのが難しい場合は、ボルスターまたは枕の上に膝を支えます。
5- Cat/Cow「猫牛のポーズ」
以前のポーズよりもアクティブで、猫牛のポーズをゆっくりとやることで、体が温まり、月経困難症を和らげることが知られています。 さらに、これらのポーズは背中と腹部の筋肉を対象としていて、ストレッチと腹筋を整えます。 この穏やかな流れは、月経周期の間に変化する可能性のある協調と感情のバランスにも役立ちます。
 
ヒント:必要に応じて、猫ポーズから牛ポーズへゆっくりと動かし、居心地の良いところでとどまります。 牛のポーズをやる時は息を吸い、猫のポーズで内側にコイル状なる時は息を吐くことを忘れないでください。
6- Savasana「サヴァサナポーズ」
 
通常、ヨガのクラスの完了を示す最後の休息ポーズは、「死体ポーズ」としても知られています。 この単純な仰臥ポーズはほとんど労力を必要としませんが、いくつかの利点があります。
 
ヒント:Savasanaの鍵は、身体と心を柔らかくすることです。 あなたの下にある地面の支えを感じて、呼吸に注目を向けてください。 深く意味のある吸入と呼気で呼吸を制御することにより、静かなマインドで心は集中することができ、痛みから注目をそらすためのスペースができます。

 

月経痛に苦しんでいる時は、何かに集中したり、何かをするためのエネルギーを集めたりするのが難しい場合がありますが、この痛みや苦痛が日常生活を妨げることはありません。 日々からヨガやストレッチをすることによって、生理痛の対処にもなり、鎮痛剤を服用する代わりに、穏やかで治療的な方法になります。 自分のペースで進み、プロセス全体を通して呼吸することを忘れないでください。

 

 

 

 

 

<< BLOG

 

Read more

Comments

Be the first to comment.