_

ジャーナリングの芸術

 

ジャーナリングは、あらゆるなセラピー治療に組み込まれるウェルネスツールの一つです。 世界中の都市が次々と避難を始めて以来、ストレスから退屈感、構造の必要性、または単に複雑な瞬間を記録するための出口を見つける必要がある人々の数が増加しています。

 

行き詰まった時は、時間が止まったように感じやすく、そこで昨日から今日、そして明日へのジャーナリングみたいなことを始め、何か進行を示すものに取り入れることは、人生が続き前進していることを実感するのにとても良い助けになります。しばらくの間ジャーナリングをしていないなら、それをまた習慣に戻したくなるくらいのいくつかジャーナリングの利点をここで紹介したいと思います。⤵

 

1 - 自分の考えを紙に書き留めることで現実から離れているストレスを誘発する考えや信念を特定するのに役立ちます。

 

2 - 書くことによって、あなたの不安な気持ちに構造を与え、その気持ちを言葉にすることによってあなたがそれらを乗り越えるのを助けます。

 

3 - 恐れごとを書き留めることは、感情を心の中で詰めておくことにならず、表現していることによって精神を高揚させます。 

 

4 - ジャーナリングすることによって、あなたは明確な思考を通してあなた自身をよりよく表現することを学びことが出来ます。そしてこれは、あなたが他の人との関係や結婚において、あなたの気持ちをよりよく伝えることの可能を高めます。

 

5 - ジャーナリングは、自分の経験から学ぶことを助けるほか、自分の言葉で表現することによって複雑な概念ごとの理解を深めるにも役立ちます。

 

6 - 表現力が豊かな文章は、自分が求めてることなどをより理解することに役立ち、さらにそれらの目標を達成するための実用的な計画を作成すること、または大きなタスクを小さなチャンクに分割することができるため、より目標を達成する可能性を高めることにもなります。

 

7 - 問題を紙に書き留めることで、その問題はより扱いやすく見えてきます。

 

8 - ジャーナルを持つことは、自分が取り入れている事柄の進捗状況を追跡することができ、何が機能していて何が失敗しているかを確認できるためとても優れてる責任方法であります。また、過去の成果の記録でもあり、何もかもがうまくいかないと感じる曇りの日に最適なツールです。

 

9 - 将来の未完全なタスクの心配することは、さまざまな人が眠りにつくのを非常に困難にする原因となっています。それを解決する方法の一つとは、就寝前にTO DOリストを書くことです。眠れない夜に解き放たれるすべてのルーズエンドごとを頭で結ぶのに役立ちます。

 

10 - 就寝前に前向きな出来事について書くことも良い助けになります。あなたをネガティブな考えごとからポジティブな考えにシフトし、あなたの心を向け直すからです。

 

11 - ジャーナリングは、注意を払うこと、そして存在することを教えてくれます。今という瞬間を意識することは、過去を後悔したり、未来を心配したりするという果てしないサイクルを断ち切ることを助けてくれます。あなたの人生で今起こっているすべての良いことに集中し、感謝の気持ちを実践させ、促進することをサポートしてくれます。また、楽観的になり、自尊心を高め、その日をより賢く過ごすように動機付けてくれ可能性も高まります。

1行でも3ページでも構いません。最初に重要なのは、その習慣を身に付けることです。 それを1日の一部にするために朝のコーヒーの時間、または就寝前の準備でスケジュールを立ててみてください。そして、目の前にあるもの、紙、またはパソコンからでも書き始めてください。

 

 

あなたの言葉を自由に流すことは信じられないほど解放的ですよね?トライしてみませんか?

 

<<BLOG

 

続きを読む

_

_

コメント

最初にコメントしてください。